青汁比較TOP > 青汁比較6~10位

6位レモンの青汁【グリーンハウス】

レモンの青汁【グリーンハウス】

レモンの青汁【グリーンハウス】は、ケールの栄養素とレモンのビタミンを同時に補給できる青汁です。食の欧米化が進む現代人のために、特に栄養価の高い野菜の王様『ケール』を採用し、1日1杯の青汁でケールに含まれるビタミン・ミネラル・食物繊維を手軽に補うことができます。国産レモンを配合しているので、飲み口もすっきりさわやかで、青汁の味・ニオイが苦手な方はもちろん、日頃のビタミンC不足に悩んでいる方にもおすすめです。

7位菜善青汁【アサヒ】

菜善青汁【アサヒ】

菜善青汁【アサヒ】は、自然大麦若葉を主原料に、乳酸カルシウムやアロエエキスを加えた国産青汁です。大麦若葉は青汁原料として知られるケールに比べ、夏場でも雑菌などが繁殖しにくいところが特徴です。そのため、衛生的であるのはもちろん、強い農薬を使わずに栽培することが可能となっていて、大麦若葉の中でも有機JAS認定農場で栽培したものだけを使用しており、毎日安心して飲める青汁に仕上げています。

菜善青汁【アサヒ】

8位スーパー青汁

スーパー青汁

スーパー青汁は、米国農務省認定のオーガニック野菜を使用した青汁です。最大の特徴は、一般的な青汁商品に比べて野菜の種類が豊富なところで、大麦若葉や緑茶など主要な青汁原料をはじめ、緑黄色野菜やラズベリーといった果実類など、全部で21種類も食材を使用しています。さらに、乳酸菌などの有用菌を加えることで、酵素のはたらきもプラス。日常生活を健やかに送るために必要な栄養素がぎゅっと凝縮されています。

9位はちみつ青汁【キューサイ】

はちみつ青汁【キューサイ】

はちみつ青汁【キューサイ】は、ケール青汁売上No.1の実績を誇るはちみつ入りの青汁です。青汁の原料として知られるケールはビタミン・ミネラル・食物繊維をバランス良く含む野菜として有名です。しかし、特有の苦みやえぐみが強く、野菜嫌いの方はなかなか続けられないというデメリットがありました。そこでケール青汁に国産はちみつをブレンドし、はちみつの自然な甘みが苦みを和らげ、飲みやすい味わいに仕上げています。